心地邸は最新の施工技術と古く良き時代の自然素材を活かした水谷建設工業の「人と家族にやさしいコンセプト住宅」です。五感で季節と家の温もりと風合いの良さを感じていただけます。兵庫、神戸
CoCoChiTei
お問い合せはこちら
心地亭
水谷建設工業のサイトへ 社長のブログ スタッフブログ

「心地邸」の自然素材(玄関)

玄関は「行ってきます」と家族を送り出す場ですし、「ただいま」と家族を迎える場です。また、大切な来客を迎える場でもあります。そんな玄関が合板フロアーで寒々としていたら・・・少し悲しいですね。

また、玄関に入った瞬間、その家族の暮らしぶりがわかります。例えば、靴が脱ぎ散らかっている。玄関にゴミが落ちている。下駄箱から悪臭が漂うなど・・・。

玄関はやはり、家族や不意に来られたお客様が気持ちよく感じれるようなすっきり、かつ快適な玄関を考えましょう。
玄関は「あいまいな領域」
玄関というものが、広く一般的に設けられるようになったのは明治以降のことです。以後、住宅の様式の変遷に伴い、玄関も形や役割を大きく変えてきました。 日本独特の文化として、靴を脱ぐという住まい方があります。これは靴を脱ぐという動作によって、外の空間とは違う、特別な空間に入ることを意味します。靴を脱いで家にあがることを許されるのは、限られた訪問者だけなのです。また、簡単な用事であれば、玄関先だけで用が済んでしまうこともあるように、玄関は家の中にある外部空間というような「あいまいな領域」なのです。
玄関の「しつらい」について
日本建築は開放的に造られています。そこで、「しつらい」をすることで季節の変化や状況の変化に応じて工夫してきました。さてこの「しつらい」とは何でしょうか?しつらいは室礼と書きます。言葉の起源は古く、平安時代に生まれた言葉です。本来、シンプルな部屋をちょっとした道具(例えば、ゴザ や畳、衝立、屏風、床の間、掛け軸、花、収納台など)で、その時々の用途や目的に合った空間に変えるという「融通」意識から生まれました。

そこで、現代の玄関のしつらいを考えたいと思います。先ず住まいの顔として家の中に人を迎え入れるための外側のしつらいがあります。この部分には多くの機能が必要とされていますので、それを叶えながら、かつ美しい空間となるよう工夫をしています。インターホンや表札、新聞受などドア周りの色や仕上げを揃えたり、取り付け方など細かいところにまで配慮します。

玄関に入り、そして家へ上がる際に重要なしつらいが玄関床、いわゆる三和(たたき)土ですが、その仕上げは手前のアルコーブ(玄関前で、外壁面から少しくぼんだ形になっている空間のこと)と同じものとしています。玄関とは内と外をつなぐ「あいまいな領域」ですので、仕上げを揃えることで、視覚的にもゆるやかにつながる空間を演出しているのです。

上り框(かまち)の素材には廊下の仕上げと同じ素材を用いています。最近ではほとんどの場合、廊下はフローリングですので、温もりのある木という素材を使うことが多いです。「心地邸」では廊下と同じ無垢材を使用することで、「暖かく迎え入れる」イメージを大切にしています。
土間について
土間という空間を規定する決まったルールのようなものは特にありません。ただ、昔から現代に至るまで共通して持っている特長はあります。それは、土間は本来地面と同じ高さにあり「外部領域が内部領域に包含された空間」だということです。少し解りにくいですね。

つまり「屋外のような屋内」ということです。そうすることによって「屋内」と「屋外」のあいだに、内とも外ともつかない曖昧な空間ができ、その曖昧さゆえのゆとりが生まれます。

日本家屋では「屋内では靴を脱ぐ」という生活習慣がありますが、土間は土足のままでもかまわないという位置づけにあります。このため、現代住宅でも「靴を脱ぎ履きする場所」として存続しています。また、昔は家庭の中で作業をする場所としても土間がありました。

このように土間は本来機能的なものでしたが、今の時代はその意味合いは薄れ、土間がもつ地面との接地性や外部空間的なしつらえが「家の中の半屋外空間」として意味を持ち始めました。土間は特定の機能を持たない。「外部性」と「内部性」とを併せ持つ曖昧な空間なので、その性質を活かした様々な使われ方がされています。

土間は、狭い空間にあっては広がりとゆとりを与え、広い場所ではおごそかな趣きの空間となります。また、その空間を介して、来客とのコミュニケーションの場となることもあるし、また、そこで靴を脱ぎ履きすることで、外部との緩衝部分となり、それがプライバシーを守るものになったりします。
木目で送り出し、迎える。
玄関を美しい無垢のフロアーにしてみませんか?

「行ってきます」「お帰りなさい」「ようこそおいで下さいました」と家族や知人、友人を迎える玄関を無垢フロアにしてみましょう。言葉とは違った「暖かみ」が伝わると思います。朝、元気よく送り出してくれる玄関、疲れた体を労ってくれる玄関、そしていつの間にか来客が増えるような玄関・・・そんな自然素材の玄関を「心地邸」はお届けします。
人と家族に優しいCoCoChiTei
宅建業許可/兵庫県知事(1)第11102号
建設業許可/兵庫県知事(特-13)第111192号
株式会社水谷建設工業
〒652-0006 神戸市兵庫区神田町25-3
TEL..078(361)1011 FAX..078(361)1011
e-mail:info@arigatoo.cc
地図はこちら